ぬるオタな日々 by 少恒星

アラフォー独身のぬるオタの日々戯言。

日記

『のんのんびより』ついに完結

世間はエヴァや『進撃の巨人』の完結で盛り上がっている最中、この作品もまた静かに完結を迎えた。 のんのんびより 16 (MFコミックス アライブシリーズ) 作者:あっと 発売日: 2021/03/23 メディア: Kindle版 のんのんびより にゃんぱすぼっくす [Blu-ray] 発…

【ネタバレ有り】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観た

『新世紀エヴァンゲリオン』が放送された当時、僕は14歳。まさに碇シンジと同い年だった。あちこちでタイトルは耳にしていたと思うが、当時はアニメに強い関心はなく、結局リアルタイムでは観ていない。ちゃんと作品に触れたのは二十歳を過ぎてから。初めて…

国立映画アーカイブで『魔女の宅急便』を観る

今や国民的人気を誇るスタジオジブリ映画の数々。だが、それらを公開当時、映画館で観たという人は果たしてどれくらいいるだろうか?近年の作品ならまだしも『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』といった初期作品ともなれば、だいぶ限られてくるでは…

令和大仏こと、動く実物大ガンダムを見てきた

職場から有休消化のお達し*1があり、先日有休を取って「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」へ行ってきた。お目当てはもちろん「動く実物大ガンダム」。緊急事態宣言下ではあったが、平日の昼間なら人も少なかろうというわけで参ったわけだ。 まことしやかに「令和大…

ところざわサクラタウン訪問記 ~「クールジャパン」の拠点にふさわしいか~

先日、ところざわサクラタウンに行ってきた。お目当ては、EJアニメミュージアムで開催された「Newtype35周年 アニメ・クロニクル」だったが、日本最大級のポップカルチャーの発信拠点として、ミュージアム以外にも様々な商業施設が展開されていると聞き、そ…

『アンナチュラル』『MIU404』一挙放送を視聴

新年1発目のブログ更新です。遅ればせながらあけましておめでとうございます。 さておき年末年始は、コロナ禍云々関係なく、例年通り家に引きこもっていたのだが、ちょうどその時期、TBSローカルで『アンナチュラル』と『MIU404』の一挙放送があり、以前から…

予想外の2020年。ウィズコロナ時代の気楽さと不安と

激動の2020年も間もなく終わる。 去年もただでさえいろんなことがあり、僕の人生の中でも忘れられない一年だと思っていたが、まさかそれを遙かに上回るような出来事が世界を襲うだなんて予想だにしなかった。世界は一変し、仕事もリモートワークが中心になり…

トレインホステル北斗星で、念願の個室寝台

ブルートレイン。かつては北から南まで日本中を走り、多くの鉄道少年たちが一度は乗りたいと目を輝かせたであろう憧れの存在だった。私がブルートレインに乗れたのは過去数回ほどだったが、列車で一晩を明かすという「非日常」な体験がなんともたまらず、興…

『ゆるキャン△』舞台探訪に行ってきた

過日、『ゆるキャン△』の聖地巡礼に行ってきた。と言っても、キャンプしに行ったのではなく、舞台の一つである山梨県身延町を普通に訪れたまで。キャンプしたい気もなかったわけではないが、アウトドアはもとより苦手なゆえキャンプセットは持っておらず、し…

100年ドラえもんを手に入れた

12月2日。ドラえもんの誕生日の翌日。未来デパートで注文した「100年ドラえもん」が届いた。本当は12月1日に受け取るはずが、タイミング悪くその日は出社日で受け取れず、結局翌日に再配達してもらった。 100年ドラえもん 50周年メモリアルエディション…

ドラえもん愛の無い自称ファンたち

doraemon-3d.com 藤子ファンの一人としては注目しないわけにはいかない映画だが、この映画に渦巻くネット世論の嫌悪感に、少なからず共感できる部分があることは否定できない。映画は興行物でもある以上、客を呼び寄せるために様々な工夫や仕掛けを施すこと…

【告知】サークル「少恒星」 第三十一回文学フリマ東京 参加のお知らせ

先日の「おもしろ同人誌バザール」に続き、11月22日(日)開催の「第三十一回文学フリマ東京」に弊サークル「少恒星」出展します。 bunfree.net 文学フリマへの参加は、昨年GWの第二十八回以来、およそ1年半ぶりです。今回も新刊はなく既刊本のみですが、是非…

東京国際映画祭へ

先日11/3の文化の日は東京国際映画祭へ。お目当ては『サイダーのように言葉が湧き上がる』の特別上映だったが、せっかくなので山中貞雄監督『人情紙風船』の4Kデジタル修復版も鑑賞してきた。作品自体は以前から興味があったので、ようやくスクリーンで観る…

館林へ巡礼

10月14日。前週に続きスポットで夏期休暇の二日目を使い、今回は群馬県館林市を訪問。目的は「よりもい」こと『宇宙よりも遠い場所』の聖地巡礼。最近見返す機会があり、またもや感動してしまったので、ふと訪れてみたくなってしまったわけで。 館林市役所 …

二ヶ月遅れの夏休み

昨日(10/7)は二ヶ月遅れの夏期休暇。職場はお盆休みは設定されておらず、各自任意の時期に取るという規定ゆえ、ずっとタイミングを見計らっていたけど、業務進行の都合やコロナ禍の影響でなかなか取れず、この時期になってしまったというわけで。といって…

パソコン買い替えました

ノートPCを買い替えた。前のPCはまだ使えないこともなかったけど、アップデートするたびに青画面出現というトラブルが頻発していて不安を感じたため、思い切って買い替えることにした。まあ、買って8年ぐらい経っていたので、良い頃合いだったのだろう。 購…

藤子F先生のお墓参りへ

今年も藤子・F・不二雄先生のお墓参りに行ってきた。上京してからは毎年命日(9/23)に訪れていたが、今年は平日になってしまったこともあり、遅ればせながら昨日(9/26)行ってきた。あいにくの天気で墓地は人も疎らだったが、先生のお墓にはたくさんのお花…

第3新東京市に行ってきた

といっても実際は箱根。箱根とエヴァンゲリオンがコラボして、スタンプラリーなどのイベントをやっているというので行ってきたわけで。 eva-hakone.com スタンプラリーはさすがにフルコンプは無理だったが、特典がもらえる規定の10個には難なく到達できたの…

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』(※ややネタバレあり)

正直、あの悲劇が起きた当初、少なくとも二、三年は新作は観られないだろうと思っていた。それでも何年かかろうが、その日が来るまでは待ち続けようと心に決めていた。それが(二度の公開延期を経たとはいえ)こんなにも早く新作が観られるとは予想外で、し…

のだめに再会

昨日からフジテレビ(関東ローカル)で『のだめカンタービレ』の再放送が始まった。リモートワーク中ゆえ、WEB会議の時間でない限りはTVをつけながら仕事できるので、放送が始まればチャンネルを合わせている。チラ見していても、やっぱり面白い。 本放送当…

日記再開

めっきり年に数回くらいしか更新していなかったブログだが、今日からできる範囲で日記を記していくことにした。 TwitterやFacebookの無かった十数年くらい前も、別のブログサービスで日記を更新していたけど、それも徐々に士気が下がったり、やがてSNSのほう…

【告知】サークル「少恒星」新刊通販開始のお知らせ

昨年末のコミックマーケット97にて頒布しました「少恒星」の新刊、「原恵一ファンならここにいる」VOL.3の通販を、BOOTHの「少恒星」ショップにて開始いたしました。買いに行けなかった皆様、大変お待たせしました!ぜひこちらよりお求めください! shoukous…

いろいろありすぎた2019

今年はなんというか、いろいろありすぎた一年だった。 年の途中で「平成」から「令和」へと元号が変わった影響もあろう。だが、それを差し引いても、二年分の出来事がこの一年に凝縮されたかのようだった。 個人的には、今年は舞台挨拶やイベントに参加でき…

【告知】サークル「少恒星」コミックマーケット97新刊のお知らせ

久々の更新。今年の冬コミもサークル参加いたします。今回の新刊をお知らせいたします。 【新刊】原恵一監督生誕60周年記念同人誌「原恵一ファンならここにいる Vol.3」A5判モノクロ・74頁【販売価格】800円【主な内容】・巻頭カラー ロケハン写真集・原恵一…

【告知】サークル「少恒星」コミックマーケット96頒布物のお知らせ

サークル「少恒星」コミックマーケット96の頒布物をお知らせいたします。 【頒布物1】「2019年上半期劇場アニメ裏おもてレビュー」(新刊)A5判・16頁(コピー本)【販売価格】100円【内容】2019年上半期に公開された劇場アニメ3作品のレビュー本です。「お…

2018年鑑賞映画総括

相変わらず更新が滞っているこのブログ。今年も残りわずかということで、鑑賞した映画のベストテンを。 【2018年洋画ベストテン】 タクシー運転手 約束は海を越えて キングスマン:ゴールデン・サークル バーフバリ 王の凱旋 判決、ふたつの希望 シェイプ・…

【ご報告】コミックマーケット94無事終了しました

初めてサークルとして参加した今年の夏コミ、コミックマーケット94が無事終了しました。 前回、文学フリマ東京以上に多くの方が足をお運びいただき、「原恵一ファンならここにいる」Vol.1・Vol.1.5とも好調な売れ行きでした。また、今回はモーレツ!原恵一映…

【ご報告】文学フリマ東京、無事終了しました

「少恒星」として初のサークル参加となった第26回文学フリマ東京。おかげさまで無事終了いたしました。サークル「少恒星」に足をお運びいただいた皆様ありがとうございました。 記念すべき「少恒星」第1号となった「原恵一ファンならここにいる Vol.1」です…

【告知】サークル「少恒星」立ち上げます。

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。ここをのぞきに来る人はあまりいないでしょうが、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 さて、ここでお知らせと言うか新年の抱負とでも言うか、自分勝手ながらちょっと告知をさせていただきます。 …

2017年もお世話になりました

2017年も残りわずか。 今年は年齢的にすっかりアラフォーの域に入ってしまい、あらゆることと正面から向かい合わなくてはならなくなったなあと実感している。これからの生き方だったりだとか、方向性だったりとか、すべきことだったりとか。年相応に悩み事も…