ぬるオタな日々 by @chusingura

実家暮らし・・・を晴れて卒業。三十路独身のぬるオタの日々戯言

2011年マイワースト映画・アニメ

これまで2011年のベスト映画・アニメを挙げてきたが、今回は見て損した、残念だった2011年ワースト映画・アニメを挙げてみることにする。まずは実写映画から。

プリンセス トヨトミ
なんなんだ、あのハイスピードカメラの使い方は?
どう見ても綾瀬はるかの揺れるおっぱいを見せるためだろ(笑)
終盤はやたらと説明口調なセリフが目立ち、見ていてだるかった。
大阪は今、現実のほうが面白いことになってますけどね。

DOG×POLICE 純白の絆
なぜこれを見に行ったかといえば、予告編で豊崎愛生ちゃんの声が出てたから(笑)
で、実際何の役で出ていたかというと、初音ミク」ならぬ「宙音(そらね)ミク」というボーカロイドの声。
でも、ボーカロイドはあんなに流暢にしゃべりませんってw
肝心の映画のほうは、とにかくシナリオが無茶苦茶。巨大な時限爆弾をそのまま抱きかかえて走り回るわ、ありゃ引いたぜ…。犬の立場ねえだろ。

個人的な見どころは、松重豊相島一之堀部圭亮の強面俳優揃い踏みなところでしょうか(笑)


続いては劇場アニメ。

『星を追う子ども』
好きな人には申し訳ないが、すまん、ジブリのパクリにしか見えなかった。
いや、新海監督は確信犯でそうしているというのはわかるんだけど、そこからこの作品独自の何かが見えなかったのが残念でならない。個人的に新海監督の世界観は苦手なんだけど、こんなのやるくらいなら今までの男女の恋愛路線を貫き通してほしかった気がする。

名探偵コナン 沈黙の15分
都知事を懲らしめてくれるのかと思ったのに、肝心の都知事は冒頭で出てきただけで、全然メインに絡んでこなかった。劇中では、都知事は良識のある政治家として描かれてたんだけど、それがせめてもの当てつけだったんだろうか?

このシリーズの犯人の犯行動機のひどさはもはや定番だけど、今回のもまたすごいわな…。
【以下ネタバレ】
別の事件で服役中に、ダムの底へ沈んでしまった盗品のダイヤモンドを取り戻すためにダムを爆破って…。


最後はテレビアニメ。だけど、全話見たわけではなく途中で打ち切ってしまったので、本当は評するべきではないのかもしれないが…
やっぱり書こう。

『R-15』
同時期放送の『ゆるゆり』は、メインの娯楽部4人はほとんど新人同然の若手だったが、見事にキャラにはまった演技をしていたのに、同じく新人メインで使っていたこっちの『R-15』は、あまりにも下手すぎる。あんたら一応プロやろ?
見ていてまったくキャラクターに感情移入ができず、3話で打ち切った。いったい監督・音響監督は何をやってたのか。

ちなみにどうでもいい話ですが、この『R-15』の監督は、藤子Fミュージアムのオープン初日に行ったそうです、ハイ…。

『30歳の保健体育』
そもそも原作は平たくいえばセックスのハウツー本なわけで、ある意味『もしドラ』よりも映像化の難しいコンテンツなのに、無理矢理やってしまった今作。案の定、アニメパートはテレビ放送ではほとんど規制がかかって、まともに見られなかったばかりか、何を血迷ったのか放送事故レベルの実写パートまで作ってしまう有様。(結局実写パートは1話で打ち切り。)
だれ映」のテレビアニメ版があるなら、まずトップクラスに入るだろう珍作だ。


今年もまた、残念な作品に出会わないことを祈ろう…。