ぬるオタな日々 by @chusingura

実家暮らし・・・を晴れて卒業。三十路独身のぬるオタの日々戯言

アカデミー賞長編アニメーション映画賞、海外メディアのノミネート予想をまとめてみた

先日、第89回アカデミー賞の長編アニメ映画賞の選考対象作品が発表され、日本からは新海誠監督の『君の名は。』、原恵一監督の『百日紅 Miss Hokusai』、『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』、そして日本作品ではないがジブリ製作の『レッドタートル』がノミネート対象となった。

www.oscars.org

 『君の名は。』が選考対象になったことをみんな話題にしてるけど、条件さえ満たせば幸福の科学のアニメ映画でも選考対象に入れるから実際は快挙でもなんでもない。とはいえ、それでも日本作品のノミネート入りに期待したいところ。しかし今回は、過去最多の27作品が選考対象となり、例年以上に傑作が揃いノミネートするだけも厳しい戦いになりそうだ。

その中から一体どれがノミネートされるのか。海外のメディアでは早くの長編アニメ映画賞のノミネート予想が上がっている。そこで各メディアの長編アニメ映画賞ノミネート予想をまとめてみた。

まずは、日本でも知名度が高いVariety誌の予想。

Variety

variety.com

  1. ズートピアZootopia) 』 (Walt Disney Studios)
  2. 『Kubo and the Two Strings』(Laika/Focus Features)
  3. 百日紅 ~Miss Hokusai~ (Miss Hokusai) 』 (GKIDS)
  4. 『レッドタートル ある島の物語(The Red Turtle)』 (Sony Pictures Classics)
  5. 『モアナと伝説の海 (Moana)』 (Walt Disney Studios)

11/15現在では、22作品に対してそれぞれノミネートの可能性をランクづけている。その中で「Current Predictions」、つまりノミネート最有力と予想しているのはこの5作品。

最有力の筆頭はやはり『ズートピア』で、続いて中世日本を舞台としたストップモーションアニメ映画が「Kubo and the Two Strings」が二番手候補、そしてなんと百日紅』が三番手に来ている。おい、『君の名は。』よりも『百日紅』のほうが可能性大ではないか。そんな重要なことをなぜ日本メディアは伝えない?

もっとも『君の名は。』はまだこのリストに上がっていないので、一気に上がってくる可能性もなきにしもあらずだが。

AwardsWatch

awardswatch.com

ここでは、10人の批評家にノミネートされるであろう5作品を予想してもらい、その採点の合計点順位でノミネート予想を 挙げている。

  1. ズートピアZootopia) 』 (Walt Disney Studios)
  2. 『レッドタートル ある島の物語(The Red Turtle)』 (Sony Pictures Classics)
  3. 『モアナと伝説の海 (Moana)』 (Walt Disney Studios)
  4. 『Kubo and the Two Strings』(Laika/Focus Features)
  5. ファインディング・ドリーFinding Dory)』 (Walt Disney Studios)

次点は『My Life as a Zucchini』(6点)、『April and the Extraordinary World』(1点)、『Sing』(1点)という順位。やはりここも『ズートピア』が強い。一方、『君の名は。』『百日紅』『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』には点が入らなかった。うむ、ここでは外されているとなると、まだまだ日本作品のノミネート確実とは言い難い状況。

Business Insider

Business Insiderはノミネート5作品のみの予想。

www.businessinsider.com

  • ファインディング・ドリーFinding Dory)』 (Walt Disney Studios)
  • 『Kubo and the Two Strings』(Laika/Focus Features)
  • 『レッドタートル ある島の物語(The Red Turtle)』 (Sony Pictures Classics)
  • 『Sing』(Illumination Entertainment/Universal Pictures)
  • ズートピアZootopia) 』 (Walt Disney Studios)

ここまで『ズートピア』『レッドタートル』 『Kubo and the Two Strings』はいずれも入っている。この3作品はノミネート確実か?
一方でここまで予想に入らなかった『Sing』が登場。

IndieWire

IndieWireは、 「Frontruuner(最有力)」に加えて、 「Contenders(対抗馬)」「Long Shots(穴馬)」まで予想

www.indiewire.com

  • ファインディング・ドリーFinding Dory)』 (Walt Disney Studios)
  • 『モアナと伝説の海 (Moana)』 (Walt Disney Studios)
  • 『レッドタートル ある島の物語(The Red Turtle)』 (Sony Pictures Classics)
  • 『Sing』(Illumination Entertainment/Universal Pictures)
  • ズートピアZootopia) 』 (Walt Disney Studios)

「Frontruuner」として挙げているのがこの5作品。「Contenders(対抗馬)」として『Kubo and the Two Strings』『百日紅』『My Life as a Zucchini』が来ている。ここに来て『Kubo and the Two Strings』が最有力から外された。

AwardsCircuit

最後に、AwardsCircuitの予想。Varieryと同様のランク付けだが、こちらでは28作品がリストに上がっている。

www.awardscircuit.com

  1. 『モアナと伝説の海 (Moana)』 (Walt Disney Studios)
  2. 『レッドタートル ある島の物語(The Red Turtle)』 (Sony Pictures Classics)
  3. ズートピアZootopia) 』 (Walt Disney Studios)
  4. 『Kubo and the Two Strings』(Laika/Focus Features)
  5. 百日紅 ~Miss Hokusai~ (Miss Hokusai) 』 (GKIDS)

1番を 『ズートピア (Zootopia) 』ではなく、『モアナ』を挙げているのがちょっと驚き。そして『百日紅』がギリギリながら5番手に。一方、君の名は。』は20番手という穴馬的位置でノミネートは厳しいか。

これらのメディアの予想をまとめると、だいたいこんな感じだろうか。

【確実】
ズートピアZootopia) 』
『レッドタートル ある島の物語(The Red Turtle)』
『モアナと伝説の海 (Moana)』

【有力】
ファインディング・ドリーFinding Dory)』
『Kubo and the Two Strings』

【可能性大】
百日紅 ~Miss Hokusai~』
『Sing』
『My Life as a Zucchini』

ほぼ全ての映画サイトでノミネート入りが予想されている『ズートピア』『レッドタートル ある島の物語』 『モアナと伝説の海』はもう確実と言っていいかもしれない。そしてこれに有力な2作品が加われば、ノミネートの5枠は完全に埋まる。

ただ気になるのは、このまま5作品がノミネートするとディズニーが3作品入ることになり、バランスに欠けるという指摘もあるだろう。映画芸術科学アカデミーがそのあたりを考慮して、『ファインディング・ドリー』『モアナ』のいずれかをノミネートから外すということもありうる。そうなれば可能性大の3作品にも十分チャンスがある。日本の『百日紅』は今のところ、当落線上ギリギリのラインに立っていると言えよう。

というわけで、日本のメディアや映画ファンは、『君の名は。』よりも百日紅』がノミネートされるのを祈ったほうがよろしいのでは?いざって時に恥をかかないよう、事前勉強は怠らないことをおすすめしたい。

もっとも日本の映画ファンは公開当時ほとんど見てくれなかったようなので、もしノミネートされても、メディアは見出しに『百日紅』はつけずに「杏主演のアニメ映画がアカデミー賞ノミネート」だとか報じるんだろうなあ。『オケ老人!』で「杏映画初主演」と銘打って『百日紅』での主演を無かったことにしたくせにな。
そして、父・渡辺謙からの親子二代にわたっての授賞式出席に期待するんだろ?
んで肝心の作品の中身はろくに伝えない。そういうところしか興味ないんだろ、日本のメディアは?

ついでに、『レッドタートル』がノミネートされたら、4年連続ジブリ作品ノミネートとか言うんでしょうね。実質海外制作なのにな。

まあ、何にせよ、そんな商業主義まみれの彼らを見返す意味でも『百日紅』には是非ともノミネートを果たしてほしい。原監督がレッドカーペットを歩く姿が見たいです。

 

【去年ノミネート対象になった日本のアニメ映画】