ぬるオタな日々 by @chusingura

実家暮らし・・・を晴れて卒業。三十路独身のぬるオタの日々戯言

2014年鑑賞映画マイベストテン

前回から間を空けてしまったけど、2014年のテレビアニメベストテンに続いて、今回は2014年に鑑賞した映画ベストテンを。
 
昨年観た新作映画を数えてみたところ、なんと90本に及んだ。今まではだいたい多くて年間70本くらいだっただけに、自分でも驚いてしまった。その内訳は、邦画47本、洋画43本、そしてアニメは15本。洋画を観る本数が飛躍的に増えたのが大きな要因と言える。これに加えて旧作上映も加えると100本は超えそうだ。
 
というわけで、洋画・邦画のマイベストテンと、アニメ映画のマイベスト5を発表。
 
洋画
【第1位】ジャージー・ボーイズ
【第3位】ゴーン・ガール
【第4位】スノーピアサー
【第5位】チョコレートドーナツ
【第6位】ベイマックス
【第7位】アバウト・タイム 愛おしい時間について
【第8位】泣く男
【第9位】her 世界でひとつの彼女
【次 点】天才スピヴェット
【次 点】6才のボクが、大人になるまで。
 
自分の観測範囲が広がったせいというのもあるだろうが、昨年の洋画は比較的多く良作に恵まれたと思う。ベストテンと言いつつ、次点作品を二つ挙げたのはテンから外すのはあまりにも惜しいという意味合いで。全体的に見渡すと、ジャンルや切り口は違えど、人を愛することの素晴らしさに帰結した作品が目立った。『アバウト・タイム』や『her 世界でひとつの彼女』のように、SF設定をうまく取り入れて人間愛や家族愛を描く作品も現れた。その一方で、『ジャージー・ボーイズ』や『ゴーン・ガール』のような、人間の暗部・醜さをさらけ出す傑作も出ていたのもなかなか面白い。人間の光と闇を真正面から向き合うことで、我々は他者とどう向き合うべきなのかをそれらの映画は示してくれているのではなかろうか。それは、昨今のヘイトスピーチ問題などに代表されるように、他者との関わり合いに閉塞感の漂う現代社会と無縁ではなかろう。そうして映画が出した問いに、我々観客はどう答えていくのか。一映画の観客というだけでなく、一人の人間として、よりよい答えを出さなくてはならない。そんなことを強く感じた2014年だった。
 

邦画
【第2位】ぼくたちの家族
【第3位】WOOD JOB! 神去なあなあ日常
【第4位】ある優しき殺人者の記録
【第6位】渇き。
【第7位】紙の月
【第8位】白ゆき姫殺人事件
【第9位】青天の霹靂
【第10位】るろうに剣心 伝説の最期編
 
一方、2014年の邦画は、一昨年の『凶悪』や『そして父になる』のインパクトが強すぎたせいか、ちょっと弱い印象を受けた。自分でも『るろ剣』が10位に入ってきたあたり「あれ?」と思ってしまった。もっとも、単に巡り合わせが悪かっただけかもしれないが。それでも、小粒ながらも直向きさが伝わる良作も目立ったし、今後の活躍に期待できる才能が出ているのもまた事実。今年の邦画は、期待の大作映画が多く控えているが、それに負けない魅力のある傑作も影を潜めて公開を待ちわびていると信じたい。
 

アニメ
【第1位】ベイマックス
【第2位】楽園追放-Expelled from Paradise-
【第3位】映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん
【第5位】TATSUMI マンガに革命を起こした男
 
2014年もまた多くの劇場アニメが公開されたが、やはり観客の心を掴むディズニーの脚本力は強いと思い知らされる。どんなに優れた技術力を持っていても、最後に決まるのはやはり脚本なのだ。だからといって、日本アニメが脚本でディズニーに劣っているとは思っていない。ストーリーテリングの巧さが光る虚淵玄や、勢いで押してくる中島かずきといった個性溢れる脚本家も日本には少なからずいる。付け入る隙はきっとあるはずだ。
 
今年の劇場アニメはジブリの新作はないが、細田守原恵一といったアニメ界きっての実力派が揃って新作を発表する。加えて劇場オリジナルの企画も増えており、彼らに続けとばかりに新たな才能がまた多く現れるかもしれない。今年の劇場アニメ界は大変な年になりそうだ。
 
ここからは紹介したいおすすめ4作品を。
 
【洋画第5位】チョコレートドーナツ

ダウン症の少年マルコと、ゲイのショーダンサー・ルディと弁護士ポールの、心の交流を描いた感動作。その交流の結末はあまりにも切ないが、ラストのルディの歌唱シーンは心に染みた。

 
【邦画第1位】太秦ライムライト
太秦ライムライト [DVD]

太秦ライムライト [DVD]

 

名斬られ役で知られる福本清三の主演映画。福本自身を投影した加美山の、寡黙ながらも観客を魅了する佇まいと演技には、福本自身の長年のキャリアが思う存分に込められていて涙出そうになった。

 
【邦画第4位】ある優しき殺人者の記録

映画『ある優しき殺人者の記録』公式サイト

POV方式、いわゆるカメラの主観視点で撮影された本作だが、そこで繰り広げられる予想のつかない展開にただ茫然。奇妙な偶然が巻き起こり、そしてSFチックな展開を迎えるこの映画は、どこか藤子F先生のSF短編を彷彿とさせた。

 
【アニメ第5位】TATSUMI マンガに革命を起こした男
「劇画」という新しいジャンルを生み出し、日本の漫画界に変革をもたらした辰巳ヨシヒロ氏の半生を迫ったアニメドキュメンタリー。作中では、辰巳ヨシヒロ原作の短編もアニメ化。原作のタッチのままでアニメ化された短編の数々は、世の不条理さを臆することなくさらけ出し、辰巳氏の画風と相まって観客の心に迫ってくる。ドキュメンタリー映画としても優れた一本。