ぬるオタな日々 by @chusingura

実家暮らし・・・を晴れて卒業。三十路独身のぬるオタの日々戯言

日記

2016年こんなイベントにも行った

上京してからいろんなイベントを見に行く機会が増えた。その中でも印象的だったのを振り返って今年を締めくくりたい。 東京ヤクルトスワローズ×ダイヤのA コラボイベント【2016/6/19】 www.yakult-swallows.co.jp www.yakult-swallows.co.jp www.yakult-swal…

2015年を振り返って

自分にとっては怒涛の2015年が終わろうとしている。 最大の出来事は、何と言っても東京へ異動になったことだ。異動に至った経緯について詳細は伏せるが、関西には愛着があっただけに、この話を聞かされたときはショックのほうが大きかった。もちろんこれを断…

一つ上のステージへ(一年の締めくくり)

毎度毎度、大晦日にはエラそうなことを書くのだが、毎年長々と書くのも面倒というか、同じことの繰り返しというか、まあいろいろとアレなので、手短に済ませよう。 今年は弟が結婚したり、祖母が亡くなったりと、身近な周囲で変化があった。んで、肝心の自分…

2014年に行ったアニメイベントや聖地を写真で振り返る(下半期編)

2014年に行ったアニメイベントや聖地を写真で振り返る(上半期編)前回からの続き。今回は下半期編。 【7月12日】トワイライトエクスプレス乗車 25年来の念願だったトワイライトエクスプレスに乗車。廃止直前というこの時にようやく乗れて嬉しかった。ラスト…

2014年に行ったアニメイベントや聖地を写真で振り返る(上半期編)

今年も残すところあとわずか。例年の年末年始は、自宅か実家でのんびり過ごすのが定番になっているが、今年は日程がちょうどいいので冬コミに参加する予定。夏コミにはこれまで3回行ったけど、冬コミは今回が初めて。2日目からの参加予定だが、その日は雪の…

もっと「外」を見よう。~2013年を振り返って~

普段ろくに更新しないくせに、一年の締めくくりだけは毎年書いちゃうんだよなあ、俺…。また今年も偉そうな締めくくりを書きます。 今年、自分にとって一番の転機といえたのは、実家を離れて一人暮らしを始めたことだろう。もういい加減自立しなければと思っ…

2013年に行ったアニメイベントや聖地を写真で振り返る(後編)

2013年に行ったアニメイベントや聖地を写真で振り返る(前編) 前回の続き。実はここからがメインかもしれない(笑) 【8月10日】藤子・F・不二雄展(東京タワー) 東京タワーで開催の藤子・F・不二雄展。藤子・F・不二雄ミュージアムでも展示されていた原画…

2013年に行ったアニメイベントや聖地を写真で振り返る(前編)

クリスマスも終わり、いよいよ今年も残りわずか。年を重ねると一年がどんどん短く感じるようになるというのは本当なんだなあ・・・。 そんな一年だったけれども、今年は例年以上にアニメイベントや聖地に行くことが増えて、少なくともそっち方面では充実した年…

2012年を振り返って

前回、日記を書いたのはコミケ後の夏。それからあっという間に4ヶ月過ぎて大晦日になってしまった。もう冬コミの季節になってしまった。時の流れというものは残酷なものだ。 ちなみに私は冬コミには参加しなかった。年末年始は家で過ごすと決めているし、そ…

コミケに参加してわかったこといくつか

三年前、初めてコミケに行ったときのことを私はこのブログで書いた。 あれから歳月が流れ、私もすっかりオタク化が進んだ。所蔵のオタグッズもすっかり増えてしまった。同人誌も以前よりは興味を持つようにはなってきた。誇るべきことなのかどうかはさておい…

大久野島探訪記(竹原巡礼二日目)

間を空けてしまったが、前回の竹原巡礼記の続き。 船が欠航という非常事態に遭ってしまい、やむなく二日目は忠海方面に向かった。 大久野島に渡る前に、ぽってたちがさよみ姉さんに連れられた黒滝山に登った。劇中同様、登山口まで登るだけでもしんどかった…

『たまゆら』聖地・竹原巡礼記

たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】出版社/メーカー: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)発売日: 2010/11/26メディア: Blu-ray購入: 3人 クリック: 99回この商品を含むブログ (61件) を見る 先週は連休を利用して、『たまゆら』の聖地・竹原を訪れた。『たま…

2012年春期アニメをまとめる

まだ最終回を迎えていない(あるいは見ていない)アニメもあるが、とりあえず今期アニメのまとめをしておきたい。 今期の視聴アニメ一覧(◎は来期以降も継続、●は前期より放送・今期終了) ・ちはやふる(※関西では冬からの2クール放送) ・あっちこっち ・…

2011年を振り返って

今年も残すところ、あと7時間くらいとなった。なんとか今年はブログを習慣づけたいと思ってはいたのだが、結局書けたのは1年間で10本くらい。どうしてもTwitterのほうに書き込むことが多くなってしまって、あまりにも満足のいかない結果だった。やっぱりTwit…

藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきた(3)

(2)からの続き 前回からだいぶ空けてしまったが、ミュージアムレポの続き。展示室を出て右に行くと、藤子F先生の漫画を自由に読める「まんがコーナー」があり、そこにはどら焼き片手に『ドラえもん』の単行本を読むドラえもんの姿が。なんとも微笑ましい。…

F-trainが「広告」だって? わけがわからないよ。

藤子Fミュージアムのレポの続きを書かねばならないところだが、信じられないようなニュースが飛び込んできたのでお伝えしたい。小田急線「藤子・F・不二雄」ラッピング電車、都条例抵触で運行終了へ - 新宿経済新聞 小田急電鉄:ドラえもん列車中止へ 条例違…

藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきた(2)

(1)からの続き いよいよミュージアムの入口に入る。その前にスタッフから受付で渡される「おはなしデンワ」の操作方法についての説明を受けた。「おはなしデンワ」は展示室にある番号を押すと、その展示についての詳しい説明や制作秘話などが聞ける音声ガ…

藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきた(1)

先週の話になってしまうが、9月3日ついに待ちに待った藤子・F・不二雄ミュージアムのオープンの日が来た。思えばミュージアムの計画自体は、もう10年以上前から上がっていて、いつになったら見られるのだろうかと長いこと心待ちにしていたが、ようやくその日…

実はいくつも種類がある『あの花』聖地巡礼マップ

今年のお盆休みももう終わってしまった。去年は無職同然のゆえ遠出はできなかったが、今年は久々に遠出ができて充実したお盆休みを過ごせた。今回の行き先は秩父。最大の目的は、アニメを見て泣くことが少ない私を、毎週泣かせた『あの日見た花の名前を僕達…

久々の更新

実におよそ半年ぶりの更新になってしまった。その間に、ようやく仕事にありつけ無職生活から抜け出したと思いきや、そこに東日本大震災が起き、そして福島原発の事故が起きた。 私のところは直接の被害は受けてはいないが、自分と社会全体を覆う将来への漠然…

ネットカフェの会員制に思うこと

今月から東京都でネットカフェの利用に本人確認を義務づける条例が施行された。これについては、個人的には「まあ、しょうがない」と思っている。というより、すでに関西のほう(特に大阪府)では、青少年健全育成条例で年齢確認のために身分証の提示が義務…

忘れられない後輩の一言

また今年も犠牲者が出てしまったようだ。神奈川歯科大:歓迎コンパで飲酒、新入生が死亡 - 毎日jp(毎日新聞) 大学生になったといえども、1回生はまだ未成年。成年雑誌は18歳から買えるが、酒が飲めるのは20歳からだ。そこらへん間違えてないか。ま、ちゃん…

東京国際アニメフェアから撤退せよ

「不健全図書」指定に、いわゆる「非実在青少年」も含めるという東京都の改正青少年育成条例が成立されそうな状況になっており、物議を醸している。漫画・アニメの「非実在青少年」も対象に 東京都の青少年育成条例改正案 (1/2) - ITmedia News 東京都青少年…

さようならシネマデプト友楽

昨日1月31日をもって、奈良市のシネマデプト友楽が68年の歴史に幕を下ろした。1942年に「奈良ニュース映画館」として開業以来、奈良で映画を見るならここというぐらい地元奈良県民に親しまれた映画館だった。私は最近は仕事などで大阪に行くことが多くなり、…

日本アカデミー賞優秀賞(ノミネート)作品発表

今年度の日本アカデミー賞の優秀賞が発表された。というか、ノミネートと言ったほうがが正しいと思うが。作品賞に限って言うなら、今年はやや順当に収まった感じ。『劔岳 点の記』『沈まぬ太陽』といった作り手の本気が伝わってきた作品や、個人的に今年の邦…

実家暮らしの制約

非正規雇用という不安定な立場ゆえ、私は現在、実家で親と同居している。本音を言うと、あまり親に負担をかけたくないし、そろそろ独立しなければと思ってはいるが、なかなか一歩を踏み出せないでいるのが現状である。そんな中でも、自分の趣味にだけは時間…

「ドラえもん 心に残るお話30」の購入前一言レビュー

今週の『ドラえもん』は、渡辺歩氏が絵コンテ・脚本の『あの窓にさようなら』だった。相変わらずこの人の演出は、日常感を大事にしていて、しんみりさせてくれる。これほど素晴らしい演出力をもった人なのに、来年のドラえもん映画は監督やらないんだよね。…

ヤマト実写版監督が山崎貴なのは本当か?

指定されたURLは存在しません ― スポニチ Sponichi Annex 沢尻エリカが何かとんでもないことをやらかして事務所を解雇され、その結果『宇宙戦艦ヤマト』実写版の森雪役が黒木メイサに代わるそうだ。ってか、正式な製作発表もまだなのに、こうやってスポーツ…

母の映画選びがよくわからない

うちの母も、DVDをときどき借りて観ているほどの映画好きなのだが、それにしては、食わず嫌いが多い気がする。もちろん個人の好みに口を出すつもりはないのだが、そうは言っても、これはあんまりだろうと思うことがある。なにせ、作品の基本設定に難癖つけて…

ドラえもん誕生日の陰で旅立った一人の藤子ファン

本日9月3日はドラえもんの誕生日。ドラえもんの誕生まであと103年。そういうわけで、Google(日本版)はトップページロゴにドラえもんを登場させるという粋な計らいをしてくれた。考えてみれば、これほど誕生日がよく知られているキャラクターは他にいないの…

コミケに初「来場」してみて…

もう一週間以上も前の話になってしまうが、先日、ついにコミックマーケットに初めて参加した。(行ったのは1日目の14日のみ)いや、正しくは「来場」したというべきか。 はっきり言って、物見遊山で来てはいけないと思った。 もちろん、50万人以上が来るとい…

Twitter始めてみた

話題のTwitterというものを始めた。失礼を承知で言わせてもらうが、正直Twitterにはあまりいい印象は持ってなかった。「今やっていること」をいちいち書き込むなんて、よほど時間的に余裕があって、書き込むことに貪欲な人じゃないとできないものだと思って…

コミケ初参加します〜カタログを買う編〜

コミケに参加するにあたって、必需品というコミケカタログを購入。雑誌みたいな感じかと思っていたら、実際は時刻表ほどの分厚さ。しかも、同じくらい厚さの時刻表と比べると、1.5倍ほど重い。こんな重いものを持って、私はコミケに行かねばならないのか。 …

ガンダム観に行くならなんばパークスシネマ

今週末からいよいよ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破』が公開される。昨日今日あたりから、各劇場の上映時間が明らかになっているが、さすがに初日は上映回数を増やしているところが多いようで(笑)大阪の梅田ブルクなんかは、初日は9回上映と聞いてふいたw …

超・草食系の戯言

「草食系」「肉食系」という言葉が流行っているらしい。簡単に言えば、恋愛に積極的か消極的かということだそう。自分はというと、「恋愛」には興味がないわけではない。いたらいいかなと思うことはある。けど、あまり彼女を作ろうとかは思ってない。結婚も…

単館系劇場の苦労

本日は『グラン・トリノ』と『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』を鑑賞。『エウレカ』のチケットを買うために、朝からテアトル梅田に向かうとすでに劇場の外まで伸びるほどの長蛇の列。全国で数館しか上映されていない劇場アニメならこうなる…

「27歳ってどういう時期なんだろう」という問いに、27歳の自分が答えてみる

日刊スレッドガイド : 27歳ってどういう時期なんだろう 結論から言えば、変革せざるを得ない時期だろうなって思う。この年になって悩み事が格段に増えた。仕事面では、自分のスキルが低すぎることを思い知らされた。それで今後10年、20年とこの仕事続けられ…

中川前大臣のあの記者会見が50万回再生されている

例の中川前大臣の記者会見がYoutubeにアップされているが、それがなんと50万回も再生されているようだ。映像 当然のごとく、世界各国から800件以上ものコメントが寄せられ、改めてこの記者会見の世界的関心の高さを伺わました。良かったですね、有名になって…

日記始めます

この世は、どうも感情で動かされているような気がする。しかし、その刹那の感情に流されるあまりに、本質を見落としていないだろうか。知っておくべきことが置き去りにされているのではなかろうか。本当に伝わらなければならないものが伝わっていないのでは…